双方の違い|トリキュラーやマーベロンなどの避妊薬は女性の味方

双方の違い

young woman

低用量ピルのような避妊薬には、避妊すること以外にも効果を発揮してくれることがあるのです。
それが生理不順の改善であったり、生理痛の緩和、さらにはニキビなどの解消にも役立ちます。
避妊薬は服用することで、体内のホルモンバランスを乱し、それによって精子と卵子が受精するのを防ぐのです。
ホルモンバランスを乱した際に、生理周期などもいったんリセットしてくれるので、こうした生理に関する問題も解消してくれるのです。

トリキュラーは3相性タイプ、マーベロンは1相性タイプの避妊薬です。
避妊効果に関しては互いにそこまでの違いはないのですが、今説明したような避妊以外の部分に対する効果が変わってきます。
トリキュラーの場合は不正出血などが少なくなっており、生理不順や生理痛により効果を発揮してくれます。
マーベロンの場合はニキビ解消などにより効果を発揮してくれます。
また、トリキュラーは安全性も高く、医療機関からも処方されることの多い避妊薬となっており、マーベロンは少し吐き気などの副作用が出やすいという特徴もありますので、しっかり把握しておきましょう。
トリキュラーの方が安全性の高い避妊薬だとは言いましたが、必ずしもトリキュラーを服用した方がいいというわけではありません。
トリキュラーにしてもマーベロンにしても、強い医薬品であることに変わりはないので、当然副作用の危険は生じます。
互いにメリット・デメリットもあるので、それぞれの特徴を理解したうえで、自分に適していると感じた方を服用する必要があるのです。